社会性の高い事業の現実

 

社会性の高い事業は、収益性を犠牲にしなければならないことが多くあります。

その分を税金などの助成金や補助金などで賄うことで「なんとか維持」あるいは赤字で運営されていることがほとんどです。

しかもそうした「もらえるお金」のほとんどは、一時金/一過性であるにも関わらず、他に収益源が見つけられず、安易に求めがちです。

そうして毎年申請を出し、補助金漬けの事業になっていく傾向は強く、事業で利益を残すことができない構造になっています。

 

ファンドレイジングに成功の誤解

 

ファンドレイジングという言葉が一般的になってきました。

ファンドレイザ―、クラウドファンディングなど、ファンドという言葉が巷に溢れていますが、実際に資金調達をするという全体を理解し設計、実行できる人はとても少ないのが現状です。

一時的な支援を元に、事業化を前提としたビジネス設計を合わせて検討されなければなりませんが、資金を取得することがゴールになってしまうのがほとんどです。

ファンドレイジング(資金調達)に成功した、とは一体どういうことなのでしょうか。

経営戦略において資金調達の意図と、その資金の性質やその後の計画など、事業全体で構築することが重要になります。

 

ソーシャル + ベンチャー

 

社会性の高い事業であっても、収益性を犠牲にしなければならないというのは、誤りです。

「儲けちゃいけない」という言葉の誤解によって、適正な価格設定ができないためにビジネスが成り立たないことが多くあります。その一方で、利益圧迫によって生産者などへコストのしわ寄せがおきているなど、矛盾をはらんでいます。

また、営利企業がこぞって社会性の高い事業へと参入してきていますので、NPOだからといって競争がないという現状でもありません。現代は、社会性(非営利)とベンチャーの良い部分を掛け合わせたソーシャルベンチャーが登場し、収益性と社会性の両立を可能とした機動力の高い組織が台頭しはじめています。

ソーシャルビジネス/コミュニティビジネスも、ビジネスとして事業継続性を高める必要があり、しいてはそれが本来の安心と信頼を生み出すことであると、意識を変えてゆかなければなりません。

 

イノベーションファクトリーの事業概要