【受付終了】ビジネス、ソーシャル、自治体、地域の全てが繋がるSDGs講座「入門編」

※この講座は、受付終了しました。

【ビジネス、ソーシャル、自治体、地域の全てが繋がるSDGs講座「入門編」】は、
ビジネスや公共などに関わる方を対象に、「SDGsとは何のためにあるのか」「具体的に何から始め、どこまで、誰のためにやるのか」などを、事例を踏まえながらわかりやすく学ぶことができるセミナーです。

「SDGs」とは?私たちは、何から始めるのか?

最近、中部地区でも関心が高く取扱われるようになりつつあるSDGs。

具体的に、どのようなものかご存知ですか?

「NPOやボランティア分野?CSRのこと?」

「持続可能な・・・開発?」

「また新しい横文字がやってきた・・・」

最近、特に英語の横文字が多くて、またかと思われるかもしれません。

でも、SDGsは世界レベルで活動している取り組みの一つ。

ビジネスも、ソーシャルも、国連も経団連も、みんなが取り組んでいる活動の指標なのです。

そして、待ったなしで【わたしたちの身近で関係あること】になりつつあります。

ビジネスも、ソーシャルも、自治体も、地域も、すべてが繋がる「SDGs」

様々な立場・目線から、SDGsをどう捉えていくのかというヒント、事例などを、わかりやすく学んでみませんか?

 

<セミナー内容>

  • SDGsとは、何のためにあるのか
  • SDGsを、ビジネスや地域とどのように繋げるのか
  • 具体的に何から始め、どこまでを、誰のためにやるのか
  • CSR?CSV?ESG投資ってなに?
  • ソーシャルイノベーションとの関係性
  • SDGsに取り組むそれぞれの理由
    • 公共の取り組みとSDGs
    • 社会起業家/ソーシャルベンチャーの取り組みとSDGs
    • 中小企業/ビジネスの取り組みとSDGs
    • 大企業の取り組みとSDGs
  • SDGsを進めるために必要なステップ

 

<メッセージ>

SDGsが誕生して3年半が経ちました。
世界の様々なセクターが、これほどまでに一つの目標に対して活動したことはあったでしょうか。
その背景には、様々な社会課題が深刻化し、後に引けない状態にあるといえます。
グローバルリスク報告書、それに呼応するかのようにESG投資が注目され、企業倫理が問われる時代になってきました。

しかしこのSDGsに書かれている17項目は、日本に住むわたしたちにとっては遠い存在のように感じることでしょう。しかしすべては間接的かつ複雑に繋がり、思いもよらぬ形で、遠くの社会問題に関与しているということも少なくありません。

私たちの日々の生活や活動が、世界の社会課題に繋がっていることを示したこのSDGs。
このSDGsの目標に対して、私たちはどう捉え、日頃の活動とどう繋がり、何から始めれば良いのでしょうか。

何か決まったフォーマットもなく、自ら考え自ら行動する自主性、そして、「誰も取り残さない」という壮大な目標に向けて、それぞれで描くストーリーにSDGsをどう組み込んでいくのか?

ぜひ、一緒に考えていきましょう。

 

<対象>

  • ビジネスでSDGsを活かしたいと考えている一般企業の方
  • CSR、広報関係でお仕事をされている方
  • これからSDGsを取り入れたいと考えているNPO関係者・行政の方
  • 社会課題解決を通じてビジネスを進めたい/起業したい方

※このセミナーは、ビジネスや行政、産業や地域振興といった分野におけるSDGsを中心とした内容です。企業関係者の方や行政の方などを対象としており、教育機関や学生、一般の方向けではありませんのでご注意ください。

 

講師
中島 康滋(イノベーションファクトリー株式会社)
日時
4月17日(水)10:00~12:00
※参加者の皆様の属性をもとに、ビジネス/ソーシャル/公共などテーマや事例をできるだけ合わせてお話いたします。
会場
学び舎HOUSE 新栄ブランチ
(名古屋市中区新栄二丁目11番2号 新栄ソレイユビル)
参加費
1,000円(税込)
定員
20名
主催・後援
主催:イノベーションファクトリー
※この講座は、受付終了しました。

※1社での参加人数が多くなる場合や、対象分野を絞っての研修や講演、セミナーをご希望の方は、出張にてセミナーを承りますので、別途お問い合わせよりご相談ください。

セミナーに関するお問い合わせ

 

日程のご都合の悪い方は、今後も追加日程などを検討してゆきます。Facebooktwitter等にてご案内をさせていただきます。