そのオープンイノベーションは、期待どおりか?

 

オープンイノベーションがさかんに行われていますが、その成果は期待通りのものですか?

それは、ソリューションになっていたり、売り込みになっていたり、絵に描いた餅になっていたり・・・

なかなか、ほどよく期待したものになっていないという声をよくお聞きします。

オープンイノベーションのほとんどは、「いま持っている資産を再活用して何かできないか?」という問いに答えるものばかりです。
それはあくまでも、新しいソリューション開発に過ぎません。
もちろん、新しい技術の掛け合わせで生まれるものもありますが、それも、事業提携でできる協業レベルではないでしょうか。

一方で、インパクト勝負で現実離れしたものも多く、実現には膨大なコストも時間もかかりすぎる実現性のないアイデア大会も行われています。

様々な企業が「オープンイノベーション部門」を作って活動をしていますが、私たちが聞く限り、どこから手をつけて良いのかわからないのが現実のようです。

 

オープンイノベーションは、イノベーションを生むのか

 

企業内の人にとって、日常業務で根本的な疑問を持つことがありません。
人事評価があり、数字の目標があり、利益を最大化するために、改善と工夫の毎日です。
たとえ新しい発想や抜本的な改善案を持ったとしても、それを伝える部門もなければ職場風土も存在しません。

そのような職場環境で、「イノベーション」という言葉は、他人事にしか受け取られていません。

そこで外部にイノベーションを求めるのですが、これもまたうまくいきません。
外側から見たビジネスは、実際との乖離が激しいことがほとんどです。
また、実際のビジネスモデルや技術などは、企業秘密として明かせないことも多くあります。

いま盛んにオープンイノベーションという手法が、一方的なアイデアコンテストのような方法で行われていますが、本当にそれでイノベーションは生み出されるのでしょうか。

私たちは、イノベーションを生み出す最も重要なことは、対話やディスカッションを通じて、一定の濃い時間を共有することだと考えます。
イノベーションは掛け算であり、多くの可能性を引き出す過程が重要です。
オープンすべきことは、そのプロジェクトに参加する人の感性。
理性で固まった閉鎖的な空間環境ではなく、感性が開かれた状態で概念から捉え直すことが必要です。

 

オープンイノベーションは、オープン感性

 

可能性を引き出すために最も必要なこと、それは多様性とその成果を引き出すこと(D&I)です。
人はいつも、見たいものを見てしまう傾向にあり、周囲のものが見えなくなります。

ですから、あらゆる角度から物事を捉え直す必要があるのです。

多様性に溢れた感性によって、概念を捉え直すことが、オープンイノベーションの第一歩です。

前提条件を知らない、専門用語もわからない、経緯も使い方もわからない・・・

そうしたピュアな感性で接した時に生まれる新しい感覚の集合体が、新しい概念を生み出すのです。

 

同じモノやコトでも捉え方が変わる時代です。

あらゆる人をオープンに巻き込んで、感性で捉え直すオープンイノベーションから始めませんか?

 

イノベーションファクトリーの事業概要