【異能vationプログラム 2019年度応募受付 & 6/20(木)説明会開催@名古屋】(主催:総務省)

奇想天外でアンビシャスな「人・発想・技術」を探しています!

総務省は、ICT(※)分野において破壊的な地球規模の価値創造を生み出すために、大いなる可能性がある奇想天外でアンビシャスな技術課題への挑戦を、「異能vationプログラム」を通じて支援する、とのことです。

既存の常識にとらわれない独創的な「変わった事を考え、実行する人(通称「へんな人」)」の、「なにもないゼロのところから、イチを生む」失敗を恐れない果敢な挑戦を支援するとともに、そうした方々が交流し、異能と異能が掛け合わさることで、さらなる独創的な発想が生まれるような環境を提供していく。

人類史上、既存の枠にとらわれない破壊的なイノベーションを起こしてきたのは、こうした奇想天外でアンビシャスな技術課題に挑戦する「へんな人」でした。異能vation プログラムは、こうした人たちがのびやかに活躍することが日本の新たな未来を創る、と信じて取り組んでいる、とのことです。

(※)Information and Communication Technology:「情報通信技術」

<2019年度応募受付が開始>

破壊的な挑戦部門

失敗をおそれずに挑戦しよう!
ICT(※)分野において破壊的な地球規模の価値創造を生み出すために、大いなる可能性がある奇想天外でアンビシャスな技術課題への挑戦を支援します。
(※)Information and Communication Technology:「情報通信技術」

支援上限額:300万円(1年間)
・価値ある正当な失敗をした技術課題は、スーパーバイザーの評価により、再挑戦が可能になる。
・卒業後、異能β(ベータ)と認定されると地球規模の展開に対する支援が受けられる。

ジェネレーションアワード部門

協力協賛企業グループがあなたを表彰!
ICT分野における、
・未来がより良くなるような、ちょっとした独自のアイディア
・自分でも一番良い使い方が分からないけれど、こだわりの尖った技術やモノ
・自らが発見した実現したい何か
などを表彰。

・協力協賛企業各社より、分野賞副賞(20万円)および企業特別賞(未定)などを提供
・表彰にノミネートされた提案(昨年度実績186件)は協力協賛企業と協力して実装や実現を目指す機会を設る
・提案は課題設定型コンテスト「異能グランドチャレンジ」のチャレンジ課題になる場合あり。

提案の中から、ジェネレーションアワード部門へのノミネートを行う。ノミネートの中から、以下の分野賞を選定する。また、協力協賛企業グループが特に支援したいと思う提案については企業特別賞が設けられることがある。なお、選考の結果、分野などに対象がない場合は分野賞を設定しない、とのこと。

上記二部門、応募期間

2019年6月3日11:00〜7月31日18:00

詳細、応募はこちら

<異能vationプログラム 説明会が名古屋市でも開催されます>

日時

6月20日(木) 受付 18:30〜
開始 19:00
終了 20:30

会場

コワーキングスペースプロコワ
〒450-0002
名古屋市中村区名駅4丁目17番3号
メイヨンビル2F

説明会詳細、お申込はこちら